トップページ > 自然体験・恩方を学ぶ > 前田真三ギャラリー

前田真三ギャラリー

前田真三ギャラリー

『夕やけ小やけふれあいの里』では、平成12年12月に、八王子市下恩方町出身の写真家・前田真三の写真展を開催。好評をいただいたため、平成13年2~5月にも再展示を行いました。そして、より多くの方に前田真三の作品をみていただこうと、平成13年8月に常設ギャラリーをオープンしました。北海道の美瑛・富良野の丘やふるさと八王子の風景を撮影した素晴らしい作品の数々を、ぜひ来園してご覧ください。なお、毎年3回の展示替を行っています。
こちらでは、写真集及びポストカードの販売も行っております。

1.前田真三・前田晃写真展「樹の言葉/東京花暦」

2017年4月1日(土)~ 2017年7月26日(水)

今回の二人展は、前田真三の「樹」と前田晃の「花」を特集します。
「樹の言葉」は、樹に対して独特の感性をもつ前田真三の樹林の美学に迫る写真展。
「東京花暦」は前田晃が都内各所で捉えた身近な花々の新作です。

2.前田真三・前田晃写真展「美瑛の丘 - 拓真館あたり」

2017年8月1日(火)~ 2017年11月27日(月)

拓真館開館30周年記念展。拓真館の成り立ちや前田真三の思いを文章パネル化し、真三・晃の作品と組み合わせた「丘」の決定版二人展です。
拓真館でも同様の文章パネルを用いて、「拓真館物語」のタイトルで、記念展を同時開催。

3.前田真三・前田晃写真展「季乃彩景」

2017年12月1日(金)~ 2018年3月27日(火)

短辺約60センチメートル以上の大型パネル作品による写真展です。海や山の広い風景と、花や水や木などの部分の風景を、バランスよく組み合わせました。わが国ならではの四季折々の彩り豊かな風景美をご堪能ください。

以前の展示

展 示期 間作品数
オープニング企画展
「風景遍歴」「塔のある丘」
平成13年8月平成13年11月27日 モノクローム作品56点
カラー作品44点
前田真三写真美術展 平成13年12月1日~平成14年3月27日 カラー作品80点
Intimate Seasons/四季の情景 平成14年4月1日~平成14年7月28日 全92点
「丘の夏・丘の秋」 平成14年8月1日~平成14年11月27日 北海道『丘』シリーズ決定版各90点
「丘の冬・丘の春」 平成14年12月1日~平成15年3月27日 北海道『丘』シリーズ決定版各90点
「前田真三・前田晃二人展」 平成15年4月1日~平成15年7月27日 第1部「四季景」50点
第2部「丘を巡る季節」36点
「風景遍歴PARTⅡ」 平成15年8月1日~平成15年11月27日 未発表作を多数含むモノクローム作品約90点
「ふるさと八王子/新・丘の四季」 平成15年12月1日~平成16年3月27日 八王子市所蔵45点
拓真館所蔵の作品32点
「ふるさとの詩・四季の歌」 平成16年4月1日~平成16年7月27日  
「花あわせ」 平成16年8月1日~平成16年11月28日 各地で好評を博した親子二人展
「丘の風景・100選」 平成16年12月1日~平成17年3月27日  
「前田真三ヴィンテージプリント展」 平成17年4月1日~平成17年7月27日 往年の最高級プリント
「風景遍歴PARTⅢこころに響く歌」 平成17年8月1日~平成17年12月27日 モノクロームシリーズ「風景遍歴」第3弾
「前田真三名作選PARTⅠ」 平成17年12月1日~平成18年3月27日  
「前田真三の写真術」 平成18年4月1日~平成18年7月27日  
「風景遍歴PARTⅣふるさと八王子」 平成18年8月1日~平成18年11月27日  
「前田真三名作選PARTⅡ」 平成18年12月1日~平成19年3月27日  
「巡る暦」 平成19年4月1日~平成19年7月27日  
「拓真館物語」 平成19年8月1日~平成19年11月27日  

前田真三プロフィール

風景写真の分野に新しい作風を・・・前田真三

大正11年 東京都八王子市下恩方町生まれ。
昭和15年 都立八王子工業高校、昭和17年拓殖大学(専)卒業
     館山海軍砲術学校を経て、戦地へ。昭和21年復員
昭和23年 総合商社ニチメン入社、以後17年間勤務
昭和42年 株式会社丹渓を設立し、写真活動に入る
昭和46年 日本列島縦断撮影旅行を約3ヶ月かけて敢行
     その帰路、美瑛・上富良野の丘と出合う
昭和49年 はじめての写真集『ふるさとの四季』刊行
     以後風景写真の分野に新しい作風を確立
     日本写真協会賞年度賞、毎日出版文化賞特別賞などを受賞
昭和62年 北海道美瑛町に自らの写真ギャラリー拓真館を開設
平成10年 逝去(76歳)